東北大学大学院工学研究科 バイオロボティクス専攻分子ロボティクス分野 村田・川又/野村研究室 Molecular Robotics Laboratory

.
分子ロボティクスとは

「分子ロボティクス」は,情報科学,制御工学,機械工学,生物物理,化学などの多くの分野の境界領域に誕生しつつある新しい学問領域です.20世紀後半からの分子生物学の進展により,分子の機械としての生物のしくみの詳細がつぎつぎと明らかになっています.最近では,その知見を工学的に応用することにより,核酸やタンパク質などの生体分子を素材として,従来は考えられなかったような複雑な分子デバイスを製作することが可能になってきています.個々の分子デバイスをつくるだけでなく,たくさんの分子デバイスを統合し,より高度な機能をもつ分子の「システム」を構築するのが「分子ロボティクス」です.分子機械の設計論をデバイスレベルからシステムレベルに飛躍させ,ナノメートル領域(ボトムアップな分子設計)とマイクロメートル領域(トップダウンの機械技術=MEMS)の間の橋渡しをするのが分子ロボティクスであるとも言えるでしょう.

.
img
最新情報 View All
2017.5.18New
本研究室卒業生の都丸さんの研究をまとめた論文,"Stepping operation of a rotary DNA origami device"がChemical Communicationsに掲載されました!
おめでとうございます
追記 2017.7.7
この論文のイラストがChemical Communicationsの表紙を飾りました.
著者の皆さん,イラストを作成したB3の荒舘さん,おめでとうございます



Tomaru, T., Suzuki, Y., Kawamata, I., Shin-ichiro, M. N., & Murata, S. (2017). Stepping operation of rotary DNA origami device. Chemical Communications.
論文リンク






2017.5.5New
D3のケイテルさんが投稿した論文,"Unzipping and shearing DNA with electrophoresed nanoparticles in hydrogels"がPhysical Chemistry Chemical Physicsに掲載されました!
おめでとうございます
論文リンク
img
.
.

page top