新着情報一覧

  • NEWS2022.11.22
    【受賞】第6回分子ロボティクス年次大会開催にて吉田海さんと山下雄大さんが受賞しました。

    【受賞】第6回分子ロボティクス年次大会にて吉田海さんと山下雄大さんが学生プレゼンテーション賞を受賞しました。
    吉田海さん「人工細胞間でのDNA配列情報の伝達に向けた分子トランスデューサの研究」
    山下雄大さん 「スケーラブルな大規模DNAトラス構造体の設計と構築」
    おめでとうございます!

  • NEWS2022.10.24
    【求人】事務補佐員募集

     

    東北大学工学研究科ロボティクス専攻 ナノシステム講座 分子ロボティクス分野では

    事務補佐員を募集しております。

    詳しくはリンクをご覧ください。

    分子ロボ分野 事務補佐員募集

  • NEWS2022.10.24
    【論文掲載】C01班・東北大学・川又 生吹助教らの論文がACS Nano誌に掲載されました。

    Elonen, A., Natarajan, A. K., Kawamata, I., Oesinghaus, L., Mohammed, A., Seitsonen, J., … & Orponen, P. (2022). Algorithmic design of 3D wireframe RNA polyhedra. ACS nano.

  • NEWS2022.09.27
    分子サイバネ領域代表の村田智教授が編集を務めた分子ロボティクスについての教科書(英語)が出版されました

    Molecular Robotics -An Introductionが出版されました

    このほど,Springer社より,Molecular Robotics -An Introductionが出版されました.分子ロボティクスについてまとめた英文の教科書としては世界で初めてのものです.本書は2016年にCBI学会から出版された「分子ロボティクス概論」を英文化したもので,分子ロボティクスに興味をもつ大学生や技術者に向けて書かれています.分子ロボティクスは本学術変革領域「分子サイバネティクス」のベースとなっている学術です.本書がこの分野への入り口になり,分子ロボティクスや分子サイバネティクスに興味を持つ人が増え,この分野の研究がますます活性化することを望んでいます.村田 智(東北大学)

     

    Molecular RoboticsAn Introduction (Editor: Satoshi Murata), Springer, 2022,296 pages

    DOI https://link.springer.com/book/10.1007/978-981-19-3987-7

     

    各章の内容は以下の通りです.(括弧内は章ごとの代表著者)

     

    第1章:Introduction: Welcome to Molecular Robotics!(村田 智)

    第2章:Design Theory of Molecular Robots(中茎 隆)

    第3章:Systemization Technology for Molecular Robots(野村慎一郎)

    第4章:Molecular Nanotechnology for Molecular Robots(遠藤政幸)

    第5章:Molecular Actuator for Molecular Robots(角五 彰)

    第6章:Molecular Material for Molecular Robots(葛谷明紀)

    第7章:Medical Application of Molecular Robots(豊田太郎)

    第8章:Social Acceptance of Molecular Robots(小長谷明彦)

     

  • NEWS2022.09.13
    【論文掲載】本領域・分子サイバネティクスのポジションペーパー(村田教授、野村准教授・他著者)がAdvanced Functional Materials誌 のInside Coverに選ばれました!

    【論文掲載】本領域・分子サイバネティクスのポジションペーパー(村田教授、野村准教授・他著者)がAdvanced Functional Materials誌 のInside Coverに選ばれました!

    Murata, S., Toyota, T., Nomura, S. I. M., Nakakuki, T., & Kuzuya, A. (2022). Molecular Cybernetics: Challenges toward Cellular Chemical AI. Advanced Functional Materials, 2201866.

    人工細胞群で化学AIを作ろうという課題についての論文です.

  • NEWS2022.08.29
    【国際会議発表】DNA国際会議(International Conference on DNA Computing and Molecular Programming)(2022年8月8-12日,ニューメキシコ大学)において,川又助教,山下君(M2)によるポスター発表が行われました.

    Ibuki Kawamata, Motokazu Furuya, Satoshi Murata, Counting the number of input addition by DNA reaction system driven by DNA polymerase.

    Yudai Yamashita, Ibuki Kawamata, Satoshi Murata, Scalable design and construction of DNA truss structures.

    また,バンケットでは,次回の実行委員長を務める村田教授からDNA29(東北大学)の紹介がされました.

  • NEWS2022.07.27
    【論文掲載】領域代表村田智東北大教授らによる分子サイバネティクスの総説論文がAdvanced Functional Materials誌に掲載されました.

    共著者は野村慎一郎先生らです。

    本領域が提唱する「分子サイバネティクス」という新しい学術領域の概念,背景,現状,課題を解説しています

    “Molecular Cybernetics: Challenges toward Cellular Chemical AI”, by Satoshi Murata; Taro Toyota; Shin-ichiro M. Nomura; Takashi Nakakuki; Akinori Kuzuya, ADVANCED FUNCITONAL MATERIALS, published online.

    Murata, S., Toyota, T., Nomura, S. I. M., Nakakuki, T., & Kuzuya, A. (2022). Molecular Cybernetics: Challenges toward Cellular Chemical AI. Advanced Functional Materials, 2201866.

  • NEWS2022.04.21
    2月まで在籍されていた鈴木勇輝先生が若手科学者賞を受賞されました。

    2月まで在籍されていた鈴木勇輝先生が若手科学者賞を受賞されました。

    おめでとうございます!

  • NEWS2022.04.08
    新たに 松林 英明助教がメンバーに加わりました。

    新たに松林 英明助教がメンバーに加わりました。

  • NEWS2022.03.16
    鈴木勇輝先生が三重大学工学部 分子素材工学科生物機能工学講座の准教授に就任されました.

    鈴木勇輝先生が三重大学工学部 分子素材工学科生物機能工学講座の准教授に就任されました.
    おめでとうございます!

ページトップへ